上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
義父母が潮干狩りに行って、15kgものあさりを採ってきました。

で、お裾分け、という事で3kgほどあさりをもらいました。

あさり

あさりは貴重です。
一年でこの時期しか食べられません。
うちみたいな貧乏家族には・・・。


あさりは高級な物、というイメージが、イタリアではあるような気がします。
一年中採れるわけではないし、ムール貝と比較すると、かなりの割高になるからです。

ヴェローナでは、旬のこの安い時期は、あさりも1kg=6ユーロ前後になったりする時もありますが、
だいたい8ユーロ以上はします。が、それも微妙で、10ユーロくらいになる時もあるし、
もっと高い時もあるしで、値段の予想がつかない事が多かったりするのです。
秋~冬にかけてはお目にかかる事もないくらいです。

ムール貝が1kg=2ユーロになるのに対して、かなりの差があるので、
やはり、庶民に身近な貝、と言えばムール貝になるのです。
しかもムール貝は年中お目にかかれます。
もちろん旬以外の時期はもうちょっと値段的にも高くなりますが・・・。


なので、15kgのあさり、ともなると、そりゃあもう飛んで喜びましたよ・・。

一晩で大人6人+子供で5kgほどのあさりを食べました・・・。


日本ではムール貝はあまり手に入らないようですが、
こちらではあさりの方がどちらかというと貴重なんです。

クロアチアにいたっては、海はどこも岩に囲まれていて、砂浜がないので、
もちろんあさりも採れません。

朝市にも、おいしいムール貝は山ほどあるのですが、
あさりは見た事がありません。


日本に居た頃は、あさりなんて、どこにでもある、どうって事ない貝だと思ってましたが、
手に入らないと、その有り難味が分かりますね・・・。



あさり万歳!(笑)

スポンサーサイト
2012.07.06 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/556-b88183c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。