上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
日本はどうなのだろう?
ニュースでは北日本と東日本を中心に日照不足が深刻化していて、平均気温も低いと読んだ。

一方こちら、イタリア、ミラノ。
と~~~っても暑い
暑いといっても、2003年の夏程暑くはないが。
現在32度。

気温だけ見るとそうでもないのだが、
今週一気に暑くなったもんだから、余計身体に堪える

先々週なんて、ヴェローナでは夜中に気温4度を記録している。山の方では雪も観測。

それくらい寒かった。これも異常だが。

ミラノでも20度以下の気温が続いていたのだが、
今週一気に30度まであがった。

イタリアの夏は早い。
日本のように梅雨がないので、5月下旬からどんどん気温は上がり始め、5月末にはすでに30度前後になっている。

イタリアの夏は、カラッとしていて、過ごしやすいと誰が言ったのだろう?昔そう聞いていた。

ところが、ヴェローナやミラノ、ヴェネツィアのような北イタリアの夏はすごく暑い。日本のようにムシムシしている。
湿度がかなり高い。

ヴェローナは盆地なので夏は暑く、冬は寒いという最悪のパターンだ。私は暑がりなので、ヴェローナで過ごす夏はさらに嫌いだ。しかも冷暖房完備の所が少ない。

2003年の5月、私はイタリアにいた。死にかけていた・・・。


あの年は異常気象で、5月中旬の時点で気温は35度を超え、6月初めにはすでに40度を軽く超えていた。
でもイタリアではエアコンを使用している場所が少ない。自宅にエアコンを取り付けている家も少なかったのだ。

イタリア、スペインでは約3千人が亡くなり、フランスでは5千人が亡くなったとされている。体力が弱い、赤ん坊やお年寄りが、異常な暑さから逃げ場を失って、なくなっていった。

それほど、異常な暑さで、せめてどこか涼める所があればよかったのだが、日本ほど、エアコンが普及していたわけではなかったので、耐えるしかなかったのだ。

今年は涼しい夏になりそうだなーとちょっとうれしかったのだが、ところが一転。暑い暑い

2003年再現、とならないように祈っているもっちである。
スポンサーサイト
2006.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/71-700e7d34
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。