上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
以前にもっちは「カメレオン」がどうして苦手なのか、その理由を書きました。

さて、今日のお題は「傘」。
私、傘も嫌い。どうしてだと思いますか?

よく言われるのが、「雨が嫌いだから、傘も嫌いなのでは?」。

いいえそうではありません。

雨はすごーい好きというわけではないのだけれど、嫌い、というわけでもない。時と場合による。
雨は水をもたらす。夏には恵みの雨になる事もあるからだ。
もちろんその反対に被害ももたらす、怖い存在でもある。
自然という物はそういう物だ。

こう暑い日が続くと、雨がざーーーーっと降って、少し涼しくなってくれれば、と願う。

現在北イタリアの気温は35度を超えている。
夜20時でやっと30度以下、27-29度程まで下がってくれる。
それでも暑いが。

イタリアは今、水不足が深刻になりつつある。
全然雨が降っていないのだ。

地面も干上がってしまって、作物はだめになっているし、
それに反するように、気温はどんどん上がっていくし、
このままでは夏本番の8月以前に節水が始まる可能性がある。

TVでもすでに節水を呼びかけている。
うちでは節約生活促進会を結成しておりますので、すでに節水には取り組んでおりますが、こう暑いと、ちょっと時間があると
「シャワーを浴びたい・・」とか、
「冷たい水を出しっぱなしにしたまま洗い物をしたい・・・」
という衝動に駆られてしまいます・・・・・・

話が脱線しましたが・・

そう
私、傘がどーーーーも苦手。雨が降ってても、滅多に傘をささないのです。

よっぽどどしゃ降りの雨なら、しぶしぶさしますが、小降りの雨はおろか、5分雨の下にいたら、結構濡れちゃうような雨でも、傘、ささないのです。

それどころか、外出時にすら傘を持って出ないのです。
雨が降ると天気予報で言われようと、雨が降りそうなどんよりした空だろうが、実際出かけに雨が降り始めてても、です。

ざーーーーと降り始めて、15分以上、雨の中を歩かないといけない場合は、まず空を見て、向こうの方まで曇っていたら、傘を持って出ます。

結構降ってるけど、10分くらい外にいるだけなら濡れていきます。

風邪引くんじゃない?と言われそうですが、雨に降られて風邪を引いた事は一度もないのです。幸運なのか、丈夫なのか?

だから、傘を持って出ずに雨に降られて後悔する事がほとんどないのです。

でも一度だけ、自分の判断ミスを後悔した事があります。
それは・・・・

大学生の時、自転車で最寄り駅まで行き、そこから電車で通学していました。

傘が嫌いな上に、自転車+傘というパターンは私にとって最悪のパターン。

一度ひき逃げにあった事があるのですが、(幸い軽い怪我)
「傘さえなければナンバープレート見えてたかもしれないのにっ!」と悔しい思いをしたのも自転車+傘の時。

だから出来るだけ、傘は使いたくない。でも合羽は面倒くさい。(なんてわがまま・・・

で、雨がたくさん降っていたら、いちよう折りたたみ傘は持って出るが、基本的にささなかった。

ある朝、大学に行こうとした時、かなりの雨が降ってきた。
玄関先に立って考える私。
「ん~~~~やみそうにないけど、今日は傘さす気分じゃない・・・・・・
そこでいつもよりちょっぴりスピードを上げて、早めに自転車をこいで駅まで向かう事に。
7分で駅に到着。

「ほっ意外と思ったほど服も濡れなかったし、やっぱり傘ささなくてよかったー

と思いつつ、自転車置き場に自転車を置き、駅に。

駅に着くと、なにやら視線が痛い気が・・・・。

「なんか・・・皆に見られてる気がする・・・
一生懸命自転車こいできたから、髪がすごい事になってるのかも

髪を気にしつつ、電車に乗り、落ち着いた時に鏡を見てみた。


だ・・・誰これ・・・

鏡を見てびっくり。おばけメイクを施されたかの様な形相になっていた。

雨を甘くみていたのだ。
そう。スピードを出して自転車こげば、雨が顔に激しくあたる。
私が使用していたメイクは水性のものばかり。普段ほとんどメイクをしない私が、その朝に限って、結構きっちりメイクをしてたもんだから、こってり塗られた数々のメイクがどろどろに溶け出して、様々な色が混じりあい、なんとも言えない色を作り上げ、顔中に塗られていたのだ。

でも電車の中でいくらティッシュで拭こうが、メイク落としがない事にはきちんと取れはしない。
結局大学までの片道2時間、そのままの形相で耐えるしかなかった。

大学に着いて、皆に笑われたのは言うまでもない。
この時ばかりはさすがに「傘させばよかった・・・」と後悔した。

それでも懲りずにまだ傘をささずに外出している私

自分でもどうして傘がこんなに嫌いなのか、よく分からない。
「手が塞がれるから」とか、
「手が疲れるから」とかいう理由ももちろんあるのだが、
それでも、それだけの理由で雨に打たれておばけメイクになって、皆に笑われるだけの価値があるのか?と問われると、????だ。

最近は旦那や義母さんが口うるさく
「傘は持った?風邪引いたらどうするの!!!」
と言うのでしぶしぶ持つ、事もある・・・。
スポンサーサイト
2006.06.28 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/79-8d727c1b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。