上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
アパートや集合住宅地に住んでいる方なんかはご近所さんがおありかと思います。日本でもよく「お隣の○○さんが・・・」とか話してるのをよく聞きません?井戸端会議、なんて言葉もありますよねードラマにでも出てきそうな、ご近所さん同士の派閥争いなんかもあったりして・・・。ご近所付き合いってのは仲良くやろうと思うと、結構難しいですよねー。ご近所さんが多くなればなるほど、大変です。
ここ、イタリアでもそう変わりはないんですよ。
私は昔県営住宅に住んでいたので、ご近所さんは山のように居ました。私が10歳までだったので、私にとってはお友達がたくさんいる、楽しい場所でした。でもうちは3人姉妹で、ご近所さんにとっては、小さい子供がたくさんいる、いわゆる「迷惑な家庭」だったわけです。

ちなみに、音、というのは上に響くようになっています。自分のアパートで、大音量の音楽をかけると、上の階の人の方がよく聞こえるんです。ただ、地面を歩く音や物を落とした場合に聞こえるのは下の階の人。だから横隣以外に気を遣うのが上と下の階の住人なんですね。

私が10歳の時に県営住宅を出て、一軒家に引越しをしてから、ご近所付き合いというのはなくなりました。なんせうちは田んぼのど真ん中に家を建てたもんですから、ご近所さんは田んぼのみ。なんもありゃしない。

でも最近は、アパートに住んでいても、ご近所付き合いはないって人が増えてきているとか。いい事なのか、悪い事なのか。。。どうなんでしょうねぇ?

イタリアは、というと・・・。やっぱりアパートなんかに住んでいる人は幾度となくもめごとが起こるそうな。これも世界共通です。小さいお子さんがいる家庭では仕方ない事なんですが。でも、ご近所付き合いの範囲は日本より広い!村全体、ひいては町全体がご近所さん、という感じ。ミラノのような大都市ではそういうわけにもいきませんが、ヴェローナのような中都市でも、自分の町の住人は皆ご近所さん、ってな感じ。だから悪い事は出来ないわけです。(笑)すぐ噂は広まります。これは日本でも同じですねー。

ただ、一つ違うのは、イタリアの住宅事情。
イタリアでは一軒家を所有する家庭はとても少ない。

イタリアは国の法律で、自分の所有する土地であろうが、勝手に家を建てる事は出来ないんです!なんて理不尽な話!!国に申請しても、コネがなければ、(ここポイント)なかなか自由に家を建てたり、家を改築する事すら出来ないんです。

一軒家を持っていたとしても、それはすでに出来上がっている家を売ってもらうだけの形で、自分でデザインや設計希望を言う事は出来ない。設計から希望を言えるのは、よっぽどの資産家のみだ。

私の旦那の祖父母は自宅裏に大きな土地を持っていて、アパートを建てる事を考えました。で、国に申請したら、その地区一帯が家を建てる事が出来ない、と言われたんだとか。その2ヵ月後。すぐ隣に住むご近所さんがアパートを建て始めたそうな!「この地区一帯」っていうのは「この地区一帯のコネがない人」の間違いだろー!!!ちなみに・・・このご近所さんは市役所に親戚が勤めているとかで、強力なコネがあるんだそうな。
スポンサーサイト
2006.03.22 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/8-6dbd4894
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。