上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
今日は私の大親友のBちゃんからのリクエスト
私のおすすめスパゲッティーのレシピを大公開しちゃいます

私の義父さんがよく作ってくれるメニューで、私の両親が日本からイタリアにやってきた時にも、義父が作ってくれて、うちの母親がとても気に入ったメニューの一つです

私の母親はそんなにスパゲッティーを好んで食べる方ではないのですが、「すごくおいしかった」と絶賛したメニューなのです

作り方も簡単ですぐ出来ますので、
材料が手に入るようでしたらぜひ作ってみてください

このスパゲッティーはシチリア地方の伝統料理で、北イタリアではあまりお目にかかれません。レストランではまず食べられないでしょう。

イタリアでは地方料理というのがほんとーーーーーーーにたくさん存在するので、イタリア人でさえ、地元からちょっと移動するだけで、「これ、なんていう料理なの?」と聞かなくてはならない事もしばしば

私の義父母は、二人でキャンピングカーに乗って、ヨーロッパ中の旅行します。シチリアにもよく行っていて、その時食べた料理の中に、今から紹介するスパゲッティー「トラッパネーゼ」があり、「シチリア伝統料理」のレシピ本を買い、その本のレシピに、義父さんが自分好みの味にちょっと手を加えた物を、私はいつも頂いています

トラッパネーゼ

材料5人分

バジリコの葉・・・ 10枚
にんにく・・・ 1~2カケ
熟れたトマト・・・ 500g
アーモンド・・・・ 30g
ペコリーノチーズ・・・100g 
唐辛子・・・ 2カケ
塩・胡椒・・・ 少々
スパゲッティ・・・ 500g
 

cena71.にんにくを細かく切り、さらにみじん切りにする


cena62.アーモンド(皮がついていれば取ってから)をみじん切りにする。これは半月包丁を使用してみじん切りにしています
もしミキサーをお持ちの方は、アーモンドもにんにくも、ミキサーにかけちゃえばOK
出来るだけ細かい方が舌触りがよくていいのです



cena83.バジリコの葉8枚をハサミでちょきちょき切ります。
残り2枚は後で使います。
これも細かく、細かく・・



cena94.②のアーモンドと③のバジリコを合わせる。こんな感じになります


cena115.ペコリーノチーズを削ります


cena126.トマトはこんな感じに小さめに切ります


cena147.⑤の削ったペコリーノチーズにみじん切りにした④を合わせます。
その上に適量のオリーブオイルを垂らします。



cena158.火をかけ、よくフライパンを温めて、オリーブオイルを引きます。


cena169.唐辛子を2カケ入れる。


cena1710.にんにくを入れます


cena1811.トマトを入れます


cena1912.トマトに火が通り、かなりしんなりしてきたら、残しておいたバジリコの葉2枚を投入


cena2113.⑦のペコリーノチーズとバジリコ、アーモンドのみじん切りを入れます。


cena2214.ゆでたスパゲッティーを投入


cena2315.出来上がり


このレシピの一番のポイントは、ペコリーノチーズ
このチーズの味一つで、ソースの味が全然違ってきます。
ペコリーノチーズはイタリア・サルディニア産のチーズで、羊の乳で作られたハードタイプのチーズです。
塩味が結構きつく、黒粒コショウが入っているものもあります。
もし胡椒が入っているようなら、塩・胡椒は控えてください。

私の義父は、いつも目分量でチーズを削っているので、かなりの量のチーズを入れています。だから日によって、めちゃめちゃ味が濃いトラッパネーゼになったり、ペコリーノチーズの味によっても、同じ量でも全然あっさりしていたり、と、毎回同じ味になった試しがありません
でもそれもこのレシピのおもしろい所かなーと思っています
スポンサーサイト
2006.07.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/86-eaccf4b0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。