上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
やっと更新出来ます
っといっても来週の金曜日までで、また更新不可になってしまうのですが・・・

昨日、やっともっちも旦那も仕事を終えて、バカンスに入りました
3週間のバカンスです!もっちはなんと1ヶ月
私は休暇中はお給料はもらえませんが、旦那はもらえます。
いわゆる有給、ですね
3週間も連続で有給を使える会社なんて、日本では限りなく0に近いかもしれません。もらえても、その後、自分のポストはなくなっている?!可能性も・・・

それに引き換え、ヨーロッパ、特に南ヨーロッパはバカンスを取りやすい
そしてイタリアはバカンスが長い
ミラノの8月は本当にもぬけの殻のようですよ
皆、バカンスに出かけてしまいます

TVも例外ではないのです
もちろんジャーナリストやアナウンサー、など、報道に関する人達も、もちろんバカンスに入ります。

なので、この時期は海外のドラマ番組や映画なんかが増えるのです。
新たに収録する必要がないですからね!
流せばいいだけです。生番組というものが激減する時期でもあります。

そして、今、いろいろなお店が、イタリア中で、セールスをしていますが、彼らもバカンスに出かけるため、バカンス前に在庫一掃するためのセールスなのです。
バカンスから帰ってきたら、もう秋冬物の時期になりますからね。

ちなみにここ、ヴェローナ、ヴェネツィアなどが位置する、ヴェネト州は、セールスが始まるのがイタリアで一番遅かった州
ヴェネト州は世界でも有数の働き者が集まる州なんだとか。
イタリアは働かないイメージが強い中、ヴェネト州のサラリーマンは結構働く
義父も朝7時半には家を出て、夜8時に帰ってくる。が、顧客との接待などで、春・夏は自宅で夕飯を食べるのは週2回程度だ。ほぼ毎日、夜中の11時過ぎに帰宅する。
仕事上、春、夏に顧客が増えるからだ。
なかなかの働き者だ。8月も部下がバカンスに出かける中、彼は9月まで働く。
7月と9月に2週間ほどバカンスを取る。

私達はそんな義父をよそに、例に漏れず、ミラノから脱出してバカンスに出かける
昨日ヴェローナに戻ってきて、来週の金曜日の夜、プーリア(南イタリア)に行く予定なのだ。お気楽夫婦だ。

10時間の車の旅ですが、夜に出発するので、大渋滞にひっかかる可能性は低くなりますイタリアでも7月、8月は大渋滞。日本のお盆のような渋滞がイタリア全土で起こります。

私達は少しでも渋滞をすり抜けるため、夜9時にヴェローナを出発
早朝にプーリアに到着する予定です。

南イタリアはきれいな地中海に囲まれた、とても素敵な所らしい。
私達夫婦、共通の友人で、以前書いた、私達のキューピット?君が、プーリアに彼の祖母がいて、夏は、大きな一軒家をバカンス客に貸し出している、との事で、タダで泊めてもらえる事になったのです
一軒家なので、朝は市場に行って、新鮮な野菜、果物、魚などを買い、家で料理すれば、安くつくし、友人はプーリアをよく知っているので、おいしくて、安いレストランやBarも知っている

貧乏お気楽夫婦にはぴったりの旅行だ

というわけで、私達は2週間、きれいな海の前の家で過ごす事になります
楽しみ♪楽しみ♪
スポンサーサイト
2006.07.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/92-ff635528
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。