上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
旦那の従弟のお話

旦那の従弟は、超過保護下で育ってきている。
現在20歳

もっちと旦那は明日から2週間、バカンスへ行く。
初プーリアだ

従弟君も来るのだが、1週間のみの滞在だ。
車酔いが激しいので、私達、車組とは来ずに、電車で来る。
旦那の妹とその彼氏も、従弟に付き合って、電車で来る事になった

一週間の滞在だが、彼に何より必要なのは、ゲーム機器だ
そしてパラソル2つ浜辺で日焼けしないため、2つとも、自分のために使うんだそうだ。
(もちろん自分では持ってこない車に乗せる)
それだけあれば、あとは一緒に滞在する人が全部彼の面倒を見てくれると思っている
もちろん現地で買おうという気もない。必要な物は友人がくれる、と言う

一番私が驚いたのが、荷造りだ
彼は20年間、自分で荷造りをした事がない。それを普通だと言う。
全て彼のお母さん(旦那の母親の妹)がやっている。
彼女曰く、「この子に任せると本当に必要な物を入れないからね!まだ一人では荷造りできないのよ」とおっしゃる。その日、その日に着る服までちゃんと指定されている
なぜかというと「自分で選ぶと一週間、同じ服洗わずに着るから・・・」なんだとか

まぁ、旦那の従弟君の家庭はちょっぴり特殊だとうと思う。
でも、それほど特殊でもないのが、イタリアなのだ

20歳過ぎても、自分でインスタントコーヒーすら入れられない男性が山ほどいる国だ。
「だってマンマがやってくれてたから」
そう答える男性は多いだろう

私には信じられない事だが、ここではありえるのだ

明日からプーリア。こんなイタリア人男性6人にも囲まれての生活
どうなる事やら・・・
スポンサーサイト
2006.08.03 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://piccolopinocchio.blog57.fc2.com/tb.php/99-b1465daa
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。